好きな少年漫画


以前に書いた「好きな少女漫画」の続編!
今回は「好きな少年漫画」について語ろうかと思います(*^▽^*)

前回はランキング形式で語りましたが、今回は好きな少年漫画を適当に思いついた順に並べています。
つまり、特に語る順番に意味はないですよってことで~(^^♪

(※一応、作品のネタバレをしない程度に語っています。)




『月刊少女野崎くん』


「ガンガンオンライン」で連載中の作品です。また、作者が少女漫画家なのでこれは少年漫画のくくりに入るのか迷うところ。(実際どうなんでしょうか?)
男子高校生で少女漫画家の野崎君の日常がメインの四コマ漫画です。
ヒロインの千代ちゃんが片想い中の野崎君に告白するも、勘違いから漫画のアシスタントをすることになるところから物語は始まります。
野崎君が少女漫画を書いていると知って漫画を手伝っている友達、編集さん、漫画家さん、また普通に千代ちゃんの学校の友達やそれぞれの所属する部活の関係だったりと、色々な関係性があるのが面白いです。
多様な関係性が描かれていますが、四コマ漫画ということもありごちゃごちゃしてなくてわかりやすいのでとても読みやすくてお勧めです。
また、ストーリー展開がしっかりしていながら、ちゃんと四コマ漫画としての起承転結がきちんとしているので四コマ単体で見ても面白いですし、くすっと笑える要素もありつつときめくポイントは抑えてあるのが魅力だと思います。(あれ?やっぱり少女漫画なのかな?)

あとは、個人的に演劇部の先輩後輩関係と、野崎君の漫画のヒロインのモデルである御子柴くんが大好きです(*^▽^*)
アニメ化もされているので、興味のある方はぜひ!!





『ハイキュー!!』



タイトルの通り「排球」漫画です。
バレーボールをするのに身体的には恵まれていない主人公・日向がひたむきに努力する姿に心打たれます。
また、やや気難しい(この表現が適切かはわかりませんが他にいい言い回しが思いつきません;;)天才セッター影山と日向のコンビが徐々にお互いの才能を引き出しつつ切磋琢磨するところに青春を感じます。
チームメイトとの関わりだったり、他校チームとの対戦だったり、合宿を通して成長していく主人公たちを通して私たち読者も青春を味あわせてもらっているな~と(^^♪
王道のジャンプのスポーツ漫画という感じですね。

私はスポーツにほとんど関わらない学生時代を送ってきたので、こういう運動部漫画はあこがれの気持ちで読んでしまいます。
今後の展開もとても楽しみです(*^▽^*)





『斉木楠雄のΨ難』


超能力者・斉木楠雄の日常が描かれているギャグ漫画です。
この作品の何がいいかって、登場人物全員良い奴であるところ!!
様々な個性のあるキャラクターが登場しますが、みんな基本的に善人なので、読んでいてほっこりする場面も多々あります。
ギャグとして笑わせてもらいつつ、家族愛や友情を感じることができるのでとても面白い漫画です。

個人的に、主人公・楠雄のおじいちゃんが大好きです。
パッと見はよくいる堅物なおじいちゃんなのですが、主人公が超能力者であることでおじいちゃんの本当の性格・内面が分かってカワイイです。
おじいちゃんの登場する話に外れなし!だと思っています(*^_^*)





『君と僕。』


男子高校生たちのゆるゆるとしたスクールライフが描かれた作品です。
王道の少年漫画のような激しさはなくのんびりとしていますが、ほっこりと優しい気持ちになれる漫画だと思います。
難しいことを考えずに読むことができるので、頭を使わずぼ~っと読めます。

私はいつもこの漫画を読むときは高校生たちを影からそっと見守っている気分で読んでしまいます。
「あ~こんな高校生たちが実際にいたらいいなぁ」という気持ちなのでしょうか。




他にも、『湯神くんには友達がいない』、『進撃の巨人』、『信長協奏曲』、『銀魂』、『HUNTER×HUNTER』、『弱虫ペダル』、『マギ』、『鬼滅の刃』、『新撰組異聞PEACE MAKER』なども好きです。
完結済みの作品だと『幽遊白書』、『鋼の錬金術師』、『Mr.FULLSWING』、『NARUTO』、『暗殺教室』、『らんま1/2』、『忍ペンまん丸』など……あげたらキリがないですね(*^_^*)

学生の頃はワクワクドキドキできる漫画が好きでしたが、大人になってからはまったりと読めるほのぼのとした漫画も好きになってきました。
漫画でも小説でも、非現実的な物語の世界に浸ることができるのが私は何よりも好きみたいです。



スポンサーサイト

好きな少女マンガ

おはようございます。
暇なので、好きな少女漫画について語ってみようかなと思います。

今回は私が「何度も読み返している漫画」順でランキング形式で語っていきます。

ネタバレしないように書いていますが、一応注意です。

では5位から順番に。


5、ゴーストハント


文庫版・全7巻。
小野不由美さん原作の漫画です。小学生の頃なかよしで読んでいました。
今年の1月に文庫本を見つけて衝動買いしてから何度も繰り返し読んでいます。
普通の女子高生の麻衣が、ある事件をきっかけに霊能者の仲間と知り合い、様々な事件を調査していくという物語です。
ホラー漫画というか、ミステリ漫画というか……まあ、そんな感じのジャンルです。
少女マンガのかわいらしい絵柄のおかげで、すっっっっごく怖い訳ではないんですが、夜に一人で読んでると少しゾッとしちゃいますね。もちろん、ホラー要素だけでなく恋愛要素もありますし、事件ごとに深まる仲間たちの絆というか、皆の関係性が個人的には好きです。
また、この漫画は繰り返して読むことで、一度目は何気なく読んでいたシーンの重要性に気付くと言いますか……、何度でも楽しめる作品だと思います。

現在は新作の「悪夢の棲む家」が2巻まで発売されています。
絵柄が少し変えてあるせいなのか、何故なのか、ゴーストハントよりも恐怖度が増してる気がします。
そして、ゴーストハントでもう2度と会えないと思っていた人との再会シーンもあり、思わずにやにやしてしまいました。
続きが楽しみです。



4、夏目友人帳


アニメ化もされており、有名な作品です。
主人公は妖が見える高校生、夏目。祖母レイコの遺品の友人帳(レイコが負かした妖怪の名前が書いてある契約書)に名前を書かかれている妖怪たちに名前を返していくお話です。
友人帳を通してであった妖怪達との交流、夏目が妖を見ると知っている人達との交流、妖をみると知らない人達との交流……これらを通して夏目が少しずつ成長していく姿を見るのが読者としては楽しみですね。
そして、この漫画の登場人物はとにかく皆あたたかくて優しい。だから、読んでいる私も優しい気持ちになれるし、感動もします。
私は、泣きたいとき、温かい気持ちになりたいときはこの漫画を読みます。もう何回読み返したことか……。
多分これからも何度も読み返す事でしょう。オススメの一冊です。


3、おまけの小林クン


全16巻。
小林姓をもつ4人のクラスメイトが中心のぽっぷんコメディ。途中で小林姓の先生や、大林姓も増えます。
物語自体は基本は明るいコメディ調です。しかし、登場人物に悲しい過去があったり、トラウマがあったりで、作者の先生の言葉をお借りするなら後半は『苦いお薬』になっています。
上手い感想が言えませんが……この漫画は『苦いお薬』も全て飲みこんでこそ良さが分かります。とにかく最後まで読んで欲しい作品です。中には中盤の恋愛モードに入って読むのやめてしまった方もいるかもしれませんが(私の友人がそうでした;)とにかく読んでほしい!私は全て読み終えたら、人との繋がりをもっと大切にしようと思えました。
また、『笑っている人は痛みを感じないと思った?』という言葉が作中に出てくるのですが、これを初めて読んだ時、かなり印象的で結構考え込んでしまいました。知らずに誰かを傷つけてないか、怖くなってしまったんですよね。だから、私はこの作品を読むたびに、実行できているかはともかく、常に他人の気持ちに敏感でありたいと思っています。
大好きな作品なのでコミックスは全巻持っているのですが、保存用に文庫版も買おうか悩み中です。



2、夢幻伝説タカマガハラ


全5巻。
こちらも小学生の頃なかよしで読んでいた作品。
と言っても、私が初めてなかよしを買った時期が、タカマガハラの終わりの辺でした。だから、当時内容はいまいち分かってなかったのですが、とにかく「絵が可愛くて好み」だったので、親にねだって中古で5巻買い揃えてもらったのを覚えています。
作品は、日本神話を基にしたファンタジー漫画です。環境問題について描かれていており、人間と他の種族との共存についても考えさせられます。
勿論小学生の頃はそこまで深く考えて読んでなかったのですが、この漫画のおかげで「物を食べる時は必ず感謝の気持ちを込めて『いただきます』という」事の意味を考えるようにはなりました。……いえ、もとから挨拶をしないような悪い子だった訳じゃないですよ?笑
でも、やっぱり子どもの頃って「なんでしないといけないのか」「なんでしちゃダメなのか」って基準が、「大人がそう言うから」という場合が多いと思うんです。で、成長過程でどんどん学んで「あ~、だからダメなのか」と学んでいくんじゃないかなと。
私の場合、「いただきます」という習慣はあくまで周りに合わせた習慣で、親が言うから、先生が言うからという理由でしていたのですが、タカマガハラを読んでからは「いただきます」は「命をくれてありがとう」という気持ちで言わなきゃいけないんだということに気がつきました。漫画に『ありがとう わたしは今日も元気でいられる』というセリフがありますが、本当にその通りなんですよね。当たり前ですが、大切な事です。当時の私にそれを気付かせてくれた素晴らしい作品です。
また、この漫画はキャラクターもとても味があって魅力的でした。何度も自由帳に描いたものです。懐かしい。
そして、この漫画がきっかけで小学生の頃の夢は少女漫画家になることだったのも良い思い出です(*^_^*)
ちなみに、この漫画の続編?の同人誌を作者さんが出されています。現在はサイトでの通販が停止していて手に入らないのですが、いつか機会があれば読んでみたいです。



1、高尾滋さんの作品全て


高尾さんは私が一番好きな漫画家さんです。唯一作者買いしています。
具体的な作品を挙げちゃうと、高尾さんの作品がほとんどを占めるのでまとめさせて頂きました。(ランキングの意味……;)
高尾さんの作品は、本当に一番を決められないですね。
特に好きな作品は『ゴールデン・デイズ』『ディアマイン』『人形芝居』『スロップマンションにおかえり(短編)』『あじさいの庭(短編)』『不思議図書館(短編)』です。絞ってもこれだけある……不思議(笑)でも、どれも心があったかくなる優しい作品で本当に大好きです。
高尾さんの作品の魅力は、何と言っても言葉運びの上手さ、心理描写の丁寧さ、読後感の良さです。そして独特の雰囲気・世界観。
以前どこかのサイトで高尾さんの作品を『小説を読んだ後のような読後感』という風に表現している方がおられましたが(若干記憶あやふやですが…;)、まさにこれです。漫画を読んだあとなのに、小説を読んだ後のような気分になるんです。心地いい余韻というか……う~ん、語彙力がないので上手く伝えられないのがもどかしいですが、とにかく読後感が良いんです。だから、何度読んでも全く飽きないんです。
そして、心に残る魅力的なセリフ、名言が多いです。そして、またそのセリフを言わせる場面の魅せ方も上手なので、こうグッと、引き込まれるんですよね。なんか、こう、言葉で上手く説明するのが難しいですが、高尾さんの漫画を読まれたことのある方だったら分かるのではないか思います。


現在は『マダムプティ』を連載中ですね。こちらも今後どんな展開を迎えるのか、続きが楽しみです。






さて、長々と語ってしまいました。
書いていて気付いたのですが、私、あまり王道の少女漫画は読んでない気がします。
なんか趣味丸出しで少し恥ずかしくなってきましたが(笑)、たまにはこんなブログもいいかな、と。
また暇があれば次は少年漫画でも語らせて下さい(*^_^*)

今月購入した漫画

今月購入した漫画です。
ネタバレしないように気をつけていますが、一応注意して下さい。





*さんすくみ(7)


大好きなシリーズの1つ。新刊待ってました!
このシリーズはお寺、神社、教会の跡取り息子たちの日常が描かれた漫画です。
この巻の見どころは「おじいちゃん想いの工くん」と「恋する恭太郎」かな。
今までの工君のイメージが少し変わったり、今後の恭太郎の恋模様が気になった巻でした。
詳しく書いちゃうとネタばれしちゃうので控えますが、この巻も本当に楽しんで読めました。
(余談ですが、このシリーズの3人がお互いを「くん」付けで呼ぶのにほのぼのするのは私だけでしょうか?)

少女マンガだけど少女マンガっぽくないシリーズなので、少女マンガ苦手な方や男の方にもオススメです。



*式の前日


よく書店で見かけて気になっていた短編集。ついに購入しちゃいました。
感想は…とにかく切ない!!そして優しい気持ちになれます。
特に「式の前日」と「あずさ2号で再会」は、意外な結末で、思わず涙があふれてしまいました。
家族、身近にいる人を大切にしようと、改めて思える、そんな作品です。
思いきって買って良かったです。


*坂本ですが?(2)


独特の世界観の漫画です。シュール、何というかシュール…!
好きな人は好きだけど、苦手な人は受け付けないような癖のある漫画です。
個人的には1巻の方が好きでしたが、2巻も十分に楽しめました。




今月は、今までの月と比べると購入した冊数はかなり少なめ。
多い時は30冊以上平気で買っちゃうので……(^_^;)

欲しい漫画は沢山あるのですが頑張って我慢しました。
良くやった自分!








プロフィール

くすみ

Author:くすみ
年齢:27歳
性別:女
現在:社会人5年目
趣味:漫画、食べ歩き、Berryz工房

おすすめ
楽天市場

一番良く利用する通販サイトです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お気に入り
おすすめ家計簿
おすすめカード
楽天カード

ポイントが貯まりやすくお得です。
勉強中

この本を読んでお金の事を勉強中です。
検索フォーム
QRコード
QR
ポイントサイト



マクロミルへ登録
モッピー!お金がたまるポイントサイト
参加ランキング
PR